post by admin | | 0

過去と現在の消費者金融の金利

消費者金融でキャッシングをすると、銀行と比べて金利が高い傾向にはあります。
消費者金融は金利が高いですが、審査が緩めで利用しやすく対応が迅速という特徴があり、銀行は対応が慎重で遅いですが、消費者金融は審査が30分程度とすぐにお金が必要な方には利点が大きいです。

かつて消費者金融は高利貸しと言われた時代があり、高すぎる金利設定されており、大きな利息請求した時代があり、実質年率29.2%、最大40%の利息を要求しました。その時代は自己破産者が続出して社会問題に発展しました。

しかし、現在では利息制限法が定められているので、借金をする総額によって年率変動するのですが、100万円以上の借入に対しては実質年率が15%が上限と決められています。消費者金融の金利の目安は

10万円未満20.0%
10万円以上~100万円未満18.0%
100万円以上15.0%

と言うラインで上限金利が設定されており、総量規制により借金総額が年収の3分の1を超えて借入れ出来ない制限を設けており、消費者金融の利用によって多額の借金を抱える多重債務者や自己破産者の発生を減らしています。

高金利時代のキャッシングによる多重債務者、自己破産者続出の時代は大きな社会問題になりました、この借金への制限を定める事で、昔と比べて借り過ぎ、返済不能を防ぐ事が出来ているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>