post by admin | | 0

消費者金融業者の金利にかかわる利息制限法

消費者金融業者の金利というものですが、実は法律によって上限がしっかりと決められています。
その決められている額を貸金業者は超えてはいけないということになります。
ですので、利用者としてもその法律を詳しく知っておくことが重要です。
闇金などは法外な貸出金利でお金を融資します。
そういった事に自分で気づけるようにしておくことで被害に遭わずに済むわけです。

そこ消費者金融業者が対象になる法律ですが、利息制限法といいます。
利息制限法は、上限金利が年利で20パーセントと定めているものになります。
しかし、借金の元金によって適応される上限金利に差がありますので、その点は注意しなければいけません。

では、まず借金の元金が100,000円未満であった場合です。
そちらにつきましては、年利の上限が20パーセント未満となります。
上記した通りの上限金利となります。
しかし、100,000円以上の利用については、さらに適用される上限金利は下がってきます。

100,000円以上1,000,000円未満の借金元金の場合は、年利で18パーセントが上限金利となります。
さらに1,000,000円以上の借金元金の場合には、年利で15パーセントが上限金利になります。

以上のように、借金の元金の額が大きくなればなるほど適用される上限の金利は下がり続けるわけです。
その点も覚えておくと、消費者金融業者がさらに利用しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>