post by admin | | 0

消費者金融の金利について

一昔前ですと消費者金融業者は法外な金利を設定し、消費者から貸金以上のお金を回収しておりましたが、現在では法定金利(利息制限法)によりきちっと定まっており、以前のように法外な貸金を請求することはなくなりました。
ちなみに利息制限法で設定されている金利というのは、(元本10万円未満:20%、元本10万円以上100万円未満:18%、元本100万円以上:15%)と決まっており、この金利条件を超えると過払いとなります。今現在では大きく銀行系カードローンと消費者金融系カードローンとがあります。銀行系カードローンは銀行が主としてキャッシングを行うカードローンです。消費者金融系カードローンは今まで単独企業としてキャッシングを行っておりましたが、多くは銀行の参加に入ってその業務を行う業者がほとんどとなっております。ですのでここ数年で消費者金融はもちろん銀行系のカードローンを作成された方はまず間違いなく法定金利内での取引をされております。
よく弁護士事務所の宣伝で『払いすぎたお金を取り戻しませんか』という過払い請求を行う広告を見かけますが、この条件に当てはまるのは法定金利外で貸金をしていた時代の消費者金融が対象となりますのでここ数年のカードローン・キャッシングは対象となりませんので、過払い請求を起こす際は、自分の借りている金利を今一度確認いたしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>