post by admin | | 0

消費者金融業者の金利にかかわる利息制限法

消費者金融業者の金利というものですが、実は法律によって上限がしっかりと決められています。
その決められている額を貸金業者は超えてはいけないということになります。
ですので、利用者としてもその法律を詳しく知っておくことが重要です。
闇金などは法外な貸出金利でお金を融資します。
そういった事に自分で気づけるようにしておくことで被害に遭わずに済むわけです。

そこ消費者金融業者が対象になる法律ですが、利息制限法といいます。
利息制限法は、上限金利が年利で20パーセントと定めているものになります。
しかし、借金の元金によって適応される上限金利に差がありますので、その点は注意しなければいけません。

では、まず借金の元金が100,000円未満であった場合です。
そちらにつきましては、年利の上限が20パーセント未満となります。
上記した通りの上限金利となります。
しかし、100,000円以上の利用については、さらに適用される上限金利は下がってきます。

100,000円以上1,000,000円未満の借金元金の場合は、年利で18パーセントが上限金利となります。
さらに1,000,000円以上の借金元金の場合には、年利で15パーセントが上限金利になります。

以上のように、借金の元金の額が大きくなればなるほど適用される上限の金利は下がり続けるわけです。
その点も覚えておくと、消費者金融業者がさらに利用しやすくなります。

post by admin | | 0

消費者金融の金利と銀行カードローンの金利

消費者金融を利用する時にどうしても気気になるのが金利です。
どの程度の金利になるのかという事が気になります。
消費者金融の金利に注目する場合には、銀行カードローンの金利が比較対象になります。
どちらもほぼ似ている存在です。
消費者金融のローンか、それとも銀行のローンか、という違いしか基本的にありません。
カードを使ってともにお金を引き出すようなこともできますし、
借りたお金の使い道なども特に制限されないなど似ているところが多いです。

では、消費者金融業者と銀行カードローンの金利ですが、
まず大まかな基準としては、金利が有利なのが銀行カードローンです。
消費者金融業者の金利のほうが少し高くなっています。

消費者金融業者の金利の上限は主に18パーセント前後になります。
1,000,000円の借金で年間180,000円の利息の支払いが必要になるというものです。
一方で、銀行カードローンの上限金利は、年利で15パーセントほどです。
1,000,000円の借金で年間150,000円の利息の支払いが必要になります。

上記のような金利の差というものが基本的にありますので把握しておくべきです。

ただ、実際には、それほど大きな差を感じないはずです。
消費者金融や銀行カードローンは、それほど大きな額を借り入れしない事がほとんどだからです。
金利差はあまり感じませんので、消費者金融業者も問題なくしっかりと活用していただきたいです。

post by admin | | 0

消費者金融ってなぜこんなに金利が高いの?

みなさんは、消費者金融でお金を借りた事がありますか?
「私あります」なんて言う方はいないと思いますが。

消費者金融って、たぶん専業主婦には借りやすい所だと思います。
今月、出費が多かったからお金が足りないとか、そんな時に、ちょっと手を出してしまった。
なんて事あると思います。

借りる時は、困っているので、金利が4.8パーセントなんて言われても。
全然分かりませんよね。

「いいです。お願いします。貸して」っとなるかもしれません。

旦那さんには、内緒で借りて後で返せばいいやっと思っているでしょう?
4.8パーセントの金利って、かなり高いんですよ。

住宅ローンでも、今、すごく低くなって0.9パーセントなんていう所もあるぐらいです。
金利の数字だけみても。

もう お分かりの通り、消費者金融って金利が高いんです。
後で返せる、少し頑張れば返せると思っていても。

借りた金額が10万円でも返す時の金額は???
考えてみて下さい。

おそろしい金額に。

早く返さないと、借りた10万円(元金)が 全然減らずに、利子だけ返していることになっているんです。
毎月、利子を消費者金融に払い続けているんです。

また、お金に余裕がない場合に、さらに借り入れる事が出来ます。
困っているから、お金がないから~

では 済まなくなるんです。
金利に気をつけて下さい。やむおえず借りる時は、金利が少ない消費者金融がオススメ。
レイク 口コミ

post by admin | | 0

過去と現在の消費者金融の金利

消費者金融でキャッシングをすると、銀行と比べて金利が高い傾向にはあります。
消費者金融は金利が高いですが、審査が緩めで利用しやすく対応が迅速という特徴があり、銀行は対応が慎重で遅いですが、消費者金融は審査が30分程度とすぐにお金が必要な方には利点が大きいです。

かつて消費者金融は高利貸しと言われた時代があり、高すぎる金利設定されており、大きな利息請求した時代があり、実質年率29.2%、最大40%の利息を要求しました。その時代は自己破産者が続出して社会問題に発展しました。

しかし、現在では利息制限法が定められているので、借金をする総額によって年率変動するのですが、100万円以上の借入に対しては実質年率が15%が上限と決められています。消費者金融の金利の目安は

10万円未満20.0%
10万円以上~100万円未満18.0%
100万円以上15.0%

と言うラインで上限金利が設定されており、総量規制により借金総額が年収の3分の1を超えて借入れ出来ない制限を設けており、消費者金融の利用によって多額の借金を抱える多重債務者や自己破産者の発生を減らしています。

高金利時代のキャッシングによる多重債務者、自己破産者続出の時代は大きな社会問題になりました、この借金への制限を定める事で、昔と比べて借り過ぎ、返済不能を防ぐ事が出来ているのです。

post by admin | | 0

消費者金融の金利について

一昔前ですと消費者金融業者は法外な金利を設定し、消費者から貸金以上のお金を回収しておりましたが、現在では法定金利(利息制限法)によりきちっと定まっており、以前のように法外な貸金を請求することはなくなりました。
ちなみに利息制限法で設定されている金利というのは、(元本10万円未満:20%、元本10万円以上100万円未満:18%、元本100万円以上:15%)と決まっており、この金利条件を超えると過払いとなります。今現在では大きく銀行系カードローンと消費者金融系カードローンとがあります。銀行系カードローンは銀行が主としてキャッシングを行うカードローンです。消費者金融系カードローンは今まで単独企業としてキャッシングを行っておりましたが、多くは銀行の参加に入ってその業務を行う業者がほとんどとなっております。ですのでここ数年で消費者金融はもちろん銀行系のカードローンを作成された方はまず間違いなく法定金利内での取引をされております。
よく弁護士事務所の宣伝で『払いすぎたお金を取り戻しませんか』という過払い請求を行う広告を見かけますが、この条件に当てはまるのは法定金利外で貸金をしていた時代の消費者金融が対象となりますのでここ数年のカードローン・キャッシングは対象となりませんので、過払い請求を起こす際は、自分の借りている金利を今一度確認いたしましょう。